北海道札幌の薪ストーブ屋ブログ

2017.02.15その他

薪ストーブの選び方

ショールームに足を運ばれるお客様も、本、インターネットで少しは勉強しました。
でも、"実際に見ると全く違うんですね。と口を揃えておっしゃいます。
薪ストーブは、使い比べてみないとその違いは分からないことも多く、実際に火が入っているのを見ると考え方や選び方も変わってきます。
先日も"昨日、伺ってヒタ(Heta)を見せていただいたんですが、あんなにきれいに燃えるんですか?"

blog20170215_01.jpg
▲これはHetaの炎

"実際に、燃えていましたよね・・・・"と、秘かに思いましたが、多分、薪ストーブは見たことはあってもきちんと燃やされているのをご覧になったことがないんだろうと思いましたね。
綺麗さに驚き、暖かさにまたまた驚き、ますます薪ストーブに魅了される方も増えています。ただ、いまだにお客様からは、"ここの薪ストーブはいつもきれいに燃えている!!"とお褒めの言葉をいただきます。
如何にいいストーブであったとしても、いかに使いこなせるかです。

blog20170215_02.jpg
▲デファイアントの炎

あれだけきれいに燃えているんだから、我が家の薪ストーブも同じように燃えるはず!!そこから生まれる向上心が大切だと思います。
どのストーブも、確かに焚けば暖かい。
ただ、その暖かさは、違うんです。
燃焼方式、材質、大きさ、薪‥‥と焚き方。
先日も"外はマイナス25°になりましたが、薪ストーブって暖かいんですね、驚きました"
と感激のお電話。
帰り際に、ここは薪ストーブ1台ですか。こんなに暖かいんですか?他に何か暖房器具があるのかと思っていました・・・と。
そう、ショールームは、ガラス張りでどこもここも熱は逃げ放題。一般の住宅であればおつりがくるほど暖かいはず。
でも、この位の方が、薪ストーブを満喫出来るので良いのかなと思ったりします。
薪ストーブは空気ではなく建物を温めてくれます。
一度この暖かさを知ってしまうと、"私たちってとても寒い家に住んでいたんですね"
一度体験しにおいでください。
取り付けてから、肩を落とすお客様の姿は見たくありません。
取り付ける前にしっかりご自分の目で選んでみませんか?
私の心配事、それは・・・薪ストーブをつけると外に出たくなちゃう!!
えっ!!引きこもりになっちゃう?
薪ストーブを焚かなくなると料理はどうする?
...春からは、手抜き料理になっちゃうのかな。・・・と、不安を感じている今日この頃。
薪ストーブライフしっかり楽しんでいただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

*ストーブはそれぞれに美しい炎を見ることができます。
同じ炎は再び見ることはできない。そう・・・だから、いくら見ていても飽きないんですね。



坂下

ショップアドバイザー

坂下

ショップアドバイザーが薪ストーブ、暖炉、ペチカに関するどんな疑問も解決いたします。

最近の記事
春の足音が
まだまだ楽しむぞ!!薪ストーブクッキング
薪ストーブの選び方