施工例

1 2 3

モダンライン?クラシックライン?

札幌市 T様邸

ヨツール社:F500[ブルーブラックエナメル]

  • ヨツールでも人気のクラシックラインのF500のブルーブラックエナメルを設置。
  • お邪魔すると、フレンチブルドックのパイドが出迎えてくれました。薪ストーブとフレンチ...。相性抜群です。

サイドにドアのあるモデル。炉内も広く主暖房にも使っている方も多いです。
炉台は石貼りで一段高く広めに作られているので、薪ラックもゆったりと置くことができます。
後ろも明るめの素材で仕上げられているので圧迫感もなく、温かみが感じられます。
煙突は、口元から断熱二重煙突を使用。離隔距離もしっかりとられているので安心してお使いいただけます。

今回は、ヨツールでも人気のクラシックラインのF500のブルーブラックエナメルを設置。室内では殆どブラックにしか見えませんが明るいところでは深い紺色に。
汚れも落としやすく、美しい光沢は高級感を醸し出してくれます。

*お邪魔すると、フレンチブルドックのパイドが出迎えてくれました。
薪ストーブとフレンチ・・・。相性抜群です。

暖かく過ごせそう

占冠村 K様邸

バーモントキャスティングス:デファイアント[クラシックブラック]

建物自体は、コンクリート造。キャンプ場の施設でした。
断熱もなく、冷え冷えとしています。
天井も高く、間仕切りもない。
他の暖房とは違う、薪ストーブならではの暖かさを実感していただけるのではないでしょうか。

今回は、デファイアントをチョイス。
ストーブスペースの炉台は、広めに。
時間のある時に薪をしっかりストックしておけば、薪も室内で温められ乾燥も進み、燃焼効率アップにも。
伺うと家の前にはならの立派な原木が積まれていました。
自然の中にあるとオブジェのようにも。

トップローディング方式で、上から薪を足せるので、節があったり曲がったりと
芸術的な薪もストレスなく入れられるはず。
長さは50cm。太さはグリドル部分から入れられればOK。
火持ちも良く、薪の補給回数も少なくて済みます。
ただし、今回のお客様宅は一般の住宅とは違います。
薪の大きさなどは、ご自分のライフスタイルのあったものを選ぶのがベストです。

薪ストーブで暖まりたい!!

余市町 S様邸

ヨツール社:F500SE[ブラック]

ブドウ畑とワイナリーを営むお客様が選ばれたのは、ヨツールのF500。
ドアに飾りのフレームの無いSE。
ストーブスペースもすっきり。後ろは不燃処理のされていない壁です。
薪ストーブを設置する際には、離隔距離が壁の仕上げによって異なります。
タイルは、不燃だからと言ってただ貼ればいいというものではありません。
貼り方にも決め事があります。
今回、外気は壁からとっています。
このタイプは、メンテナンスフリーと言われ、炉内も広々。
直径30cmのピザも焼けます。
ピザハウス顔負け。
多分、来シーズンは楽しくディナータイムを過ごせるのではないでしょうか。

*引っ越しましたが、家が寒くて。SOSが。ただ日程が詰まっていたので少しお待ち頂きましたが。
"薪ストーブは、暖かいですよね。"
そうなんです。建物を温めてくれますから...。

こんなに暖かいの?

旭川市 F様邸

バーモントキャスティングス:デファイアント[クラシックブラック]

  • 室内
  • 煙突は、ボックスを立ち上げ断熱二重煙突、丸トップで仕上げています

平屋の住宅に設置していただいたのはデファイアントのクラシックブラック。
50cmの薪も焚けて燃焼効率も抜群。

住まわれてからはおいでになったお客様に、"床暖が入っています?"と聞かれるほど。
足元からしっかりと温めてくれるので暖かく、寒さも苦になりません。

床は広めにレンガを敷き詰め、後ろは大きな窓を設け木立の緑と1枚の絵のように納まっています。
四季折々、冬は雪景色をバックに贅沢なひと時をお過ごしのことでしょう。
ストーブスペースを広くとることで、薪の置き場もキッチングッズも気軽におけますね。

煙突は、ボックスを立ち上げ断熱二重煙突、丸トップで仕上げています。

スイスの蓄熱型薪ストーブ

鹿部町 F社研修施設

トーンヴェルク

  • 床は、スチール製のフロアプレートを敷きすっきりと仕上げています
  • 煙突は屋根を抜き真っ直ぐ。丸トップで仕上げています。

今回お選びいただいたのは、スイスの蓄熱型薪ストーブ。
通常の薪ストーブとは違い、一回の燃焼で長時間に亘って放熱による暖房能力のあるタイプです。
またこのタイプは、省スペースで設置でき、蓄熱量も大きいのが特徴と言えます。

床は、スチール製のフロアプレートを敷きすっきりと仕上げています。
オーブンもオプションで取り付けてあります。

平屋で屋根抜きでの施工。
煙突は屋根を抜き真っ直ぐ。丸トップで仕上げています。

贅沢ともいえるひととき

札幌市 N様邸

ヨツール社:I520

  • ヨツール:I520
  • ヨツール:I520

今回お選びいただいたのは、埋め込み式の暖炉。
受注発注品のため納期が4か月ほどかかります。

タイプも、ガラス面が正面のみ、
正面プラス今回のように左面、または右面の選択、
正面とサイド両面もと、
1面から3面までお選びいただくことができます。

目線に合わせ、少し高めに設計。周りをタイル仕上げに。
すっきりと仕上がっています。

もちろん、見えない部分にもしっかり断熱煙突での施工がされ、メンテナンスにも配慮した設計となっています。
ゆったりと炎を眺めながら、贅沢ともいえるひととき。満喫していただけますね。

これは焚きたくなっちゃうね!!

ヨツール社:F305B

  • ストーブスペースは、レンガ積み。
  • ソファーにゆったりと体をあずけ、格別なひと時を過ごせる空間が広がっています。

今回お取り付けいただいたのは、ノルウェーのヨツール社のF305B。
ストーブの下にも薪を積めるスペースがあるタイプです。
当初はもう少しコンパクトモデルで検討されていましたが、35cmの薪もストレスなく入れられることや炉内もオーブンとして使うこともできることなどから機種変更に。
ストーブスペースは、レンガ積み。
煙突は、口元から断熱二重煙突を立ち上げています。
ソファーにゆったりと体をあずけ、格別なひと時を過ごせる空間が広がっています。

薪ストーブ本来の性能を発揮できます

札幌市 S様邸

バーモントキャスティングス:アンコール[ホウロウレッド]

  • バーモントキャスティングス:アンコール[ホウロウレッド]
  • バーモントキャスティングス:アンコール[ホウロウレッド]

お選びいただいたのは、バーモントキャスティングスのホウロウレッド。
床はテラコッタ。バックも白系のタイルで仕上げられ、赤いストーブが映えます。

夏の間、飾り物のように置かれていた薪ストーブですが、いったん火が入るとず~っと見ていても飽きません。

煙突は口元から断熱二重煙突を使用し、薪ストーブ本来の性能を発揮できます。
薪ストーブにとって煙突が命。どんなにいいストーブであっても煙突の性能が悪ければきちんとした燃焼にはなりません。煙突は、煙をきちんと送り出すためのパイプであり、そこから暖房を得ようとするのはひと昔もふた昔も前の話です。
煙突は、極力冷やさないようにすることが大切です。

これですね

札幌市 K様邸

バーモントキャスティングス:イントレピット[ホウロウレッド]

  • バーモントキャスティングス:イントレピット[ホウロウレッド]
  • バーモントキャスティングス:イントレピット[ホウロウレッド]

取り付ける前に、ショールームで実物を見てみなくては‥‥おいでいただきました。息子さんご夫婦は、既にアンコールをお使いです。
"私は...これかしら"と選んでいただいたのはイントレピットのホウロウレッド。
コンパクトですが、とても頭の良い、ストーブです。

外気導入もされていて、床はテラコッタタイルで仕上げ、壁はレンガを積ませていただきました。

木立の中に佇むアトリエとご自宅。

E様アトリエ ご自宅

ヨツール:F305[ブラックペイント]
ドブレヴィンテージ35

  • ヨツール:F305[ブラックペイント]
  • ドブレヴィンテージ35

建築が計画された時は、まだ発売になっていなかったヨツールのF305。
当初のご希望はスチールのモダンラインでしたが、施工が近づき来社された際にアトリエの薪ストーブはF305に変更となりました。

鋳物ですが、丸みを帯びたなめらかな曲線と大きなドアガラス。
今までになかったフォルムも魅力的。

ご自宅は既に薪ストーブをおけるスペースも限られていたのでドブレのヴィンテージ35。
知らない世代には新しく、知っている世代には昔のテレビを彷彿させるデザインではないでしょうか。

1 2 3