2022.01.14その他

2022年を迎えて

今年は、11日が仕事始めとなりました。
冷え切ったショールームでは、5台の薪ストーブに一斉に火が入ります。

blog220114_s_img1.jpg


シーズンのメイン暖房として活躍してくれている信頼のデファイアント。
入り口土間には、ヨツールのF500。
中ほどには、モダンラインとして加わったHETAのロギ。
ソープストーンとオーブンを装備しているモデル。
大きなガラスドアからは、暖かさが早く感じられます。

そして、アンコールが2台。
なんとも楽しい時間です。
冷え切ったショールームもあっという間に温まります。

blog220114_s_img2.jpg blog220114_s_img3.jpg

問題だったのが水道の凍結。
昨年は水道管が破裂して大変なことに。
その際に断熱材を巻いてもらっていたのでお昼前には
めでたく自力で復旧してくれました。

昨年は、薪も完売しましたが、何とかご用意させていただく事ができました。
火を入れると、部屋の温まり方が違うんですよね。

煮込みも焼き芋、ピザ、お肉も焼きました。
美味しかったうれしいご報告をいただきました。

先日ご連絡いただいたお客様は、
設置する際に、薪ストーブが焚けるようになると
"薪ストーブに、ドップリとはまってしまいますよ"...と、言われましたが、
まさにドはまり、抜け出せなくなっています(笑)

このところ、雪で交通網が寸断、停電になっている所もあるようで
薪ストーブがライフラインとして活躍してくれているかもしれませんね。


坂下

ショップアドバイザー

坂下

ショップアドバイザーが薪ストーブ、暖炉、ペチカに関するどんな疑問も解決いたします。

最近の記事
ヨツール社より新発売キャンペーン
ピザを焼きましたよ
薪ストーブクッキングだ!!