北海道札幌の薪ストーブ屋ブログ

アッシュトレイ(灰受け皿)を使う

オーブンプレートをご存知ですか?
厚さ6mmの鉄板の板です。
当社で施工された方は、ほぼお使いです。

その使い方は、デファイアント・アンコール
炉内のグレートの上に置くだけ。

20200219_7jpg.jpg 20200219_8jpg.jpg

隙間から灰やオキなどが落ちていかないので、オキを育て易く
ストーブ本体も温まりやすいといえます。
本来の目的は、アッシュトレーでのクッキング。
ストーブトップ、炉内、加えてアッシュトレイを
オーブンスペースとして活用することができます。

主暖房としてお使いの方であれば、"すっごく良い!!"
との感想もいただいています。

まだ、本格的には...という方も、焚きやすくなった。
灰の処理が楽かも...。

ショールームでも使っています。
今日は、マフィンにマスタード、チーズ、コロッケを挟んで
アッシュトレイに。
早めに入れておいても焦げる心配がないので、お任せで。
仕上がりは。

20200219_4.jpg 20200219_5.jpg 20200219_6.jpg

...という事で。
後は好みでトマトやマヨネーズ、野菜は焼きあがった後に挟んで。

 *看板犬"あとむ"

1日3食。ストーブトップでボイルした鶏肉をトッピング。
あっという間に完食。
その後は・・・。
言って欲しい、魔法の言葉が。じっと、顔を見つめ

"おいしいの・・・食べる( ^ω^)・・・"

20200219_1.jpg 20200219_2.jpg 20200219_3.jpg

しっかり"お手"をして、完食後はお休みタイム。
こんな毎日の繰り返しですね。


坂下

ショップアドバイザー

坂下

ショップアドバイザーが薪ストーブ、暖炉、ペチカに関するどんな疑問も解決いたします。

最近の記事
煙突設置のあれこれ
薪ストーブとペット
コッパーオークポットを使いこなす