ごあいさつ

株式会社サカシタペチカ 代表取締役 坂下雅徳

サカシタペチカは、薪ストーブ・暖炉・ペチカなどの設計、施工、販売からメンテナンスを一貫して行っています。また、それに付随するアクセサリー、メンテナンス用品、交換部品などの消耗品や薪などの販売もしています。

そもそもレンガ工事を中心とした事業を行っていた先代が、ペチカや暖炉などの施工を手掛けていたことが、現在の弊社の礎となっています。
父の後を引き継いだのは、バブルが弾け、この業界自体の動きが芳しくなかった時期でした。景気が低迷し、商売としてやっていくには先の見えない状態。そんな折、雑誌を開くと1枚の写真が目に飛び込んできました。それがバーモントキャスティング社のブラウンのレゾリュートアクレイム。その美しく燃える様に心惹かれ、輸入元に連絡を取り、長野のファイヤーサイドに行くことになります。
当時は、輸入元のファイヤーサイドも創業間もなく、バーモントキャスティングスの薪ストーブの知名度は殆どゼロに近かったかと思います。それから、北海道地区の正規代理店としてこのストーブをしっかりと北海道に根付かせようと扱いを始めました。

当時は、何でも焚けます、100年持ちますといわれてストーブが売られていました。そのようなストーブとは全くタイプも異なるので“私がきちんとフォローして売らなければ!!このストーブは輝けない”という使命感と自負が芽生えたのをつい昨日のように覚えています。

認知度の低いメーカーの薪ストーブを販売するのは、苦労もありましたが、この薪ストーブとの出会いが、真に薪ストーブを好きになったきっかけとも言えます。私もこのストーブとともに成長してきたのかもしれません。

私どものこだわりは、当然のことですが安全確実な設置を行うこと。
粛々と丁寧な仕事をし、私たち自身も薪ストーブ生活を楽しみながら、お客様に喜んでいただけるよう、ためになるアドバイスを行っていきたいと考えています。おかげさまで施工、販売実績も着実に年々増えています。

これからも今までの業績に甘んずること無く、時代と共に変化するお客様のライフスタイルに合った薪ストーブ選びから、設置、施工、焚き方からメンテナンスに至るまで、責任を持ってサービスを提供できる企業を目指したいと思います。