施工例

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

オーブン付きで

銭函:M様邸

ヒタ社:ノルンソープストーン+オーブン

モダンラインがお好み。
薪ストーブの中でも、長めの薪が入りソープストーンを
装着することで暖かさも長く続きます。

ストーブスペースも段差がないので、グッズを置くのにも
使い勝手は良いのではないでしょうか。

壁抜きで全て断熱煙突を使用し、ストーブスペースは
クロスのままなのでよりスッキリと見えます。

今回はこのモデルが良いかな

小樽市:K様邸

ヨツール社:F305LL[ブラック]

今迄もストーブのある生活をされてきましたが、
今回は、小樽の中古物件を購入し設置する事に。

まず、ストーブの設置位置を決定、煙突のプランニング。
家具を置くのとは違い設置してからもう少し右...とか
移動は簡単にはいきません。
しっかりとしたプランニングが必要です。

以前お住いの家では、F400をお使いでした。
その前は、クワドラ。
使ってみると、違いがわかります。

今回は主暖房ではないので、と言うことで
モダンとクラシックラインの間に位置するF305を
取り付けることに。

その後いかがですか?暖かさは違います?と伺ってみました。

F400の方が暖かかったです・・・との事ですが
満足して頂けたようです。

冬を楽しむ

美瑛町:J様邸

ヨツール社:F500ECO SE[ブルーブラック]

広くとられたストーブスペース。
床はテラコッタタイル、
壁は古レンガ調のブリックが貼られています。
全体的にブラウンで統一され、落ち着いた雰囲気ですね。

煙突は口元から断熱二重煙突を使用し、
エルボを使って屋根に設けられたチムニーボックス接続されています。

雪の降る地域ではフラッシングを使用していると
雪の重さに耐えかねて煙突が傾いてしまったり
倒れてしまう事もあります。
施工の際には、安心して使い続けられるよう
計画することが大切です。

コンパクトなモデルでも

札幌市:F様邸

ヒタ社:スクルド+ソープストーン

炎を楽しむだけなのでコンパクトなモデルでもと来社。

ご覧いただいているうちにスクルドが気になられたようで。

スクルドは、ヒタの中ではスリムで高さのあるモデルです。
炉内の高さはこのシリーズの中では一番高く設計されているので、
よりダイナミックで美しい焔を楽しんでいただけます。

スチール製で、ソープストーンを装着することで
見た目もゴージャスで、蓄熱もしてくれるので
暖かさを持続する事ができます。

炉台は、自然石をカットしたものを敷いています。
ブラックとグレーですっきりと収まっています。

主暖房は、他にありますが、
火を入れるとそれほど焚かなくても思った以上に暖かいですね。
との感想を。

暖房もしっかり取りたいです

札幌市:K様邸

ヨツール社:F500ECO[ブラック]

既存の住宅です。
集合煙突があるので、断熱二重煙突を使用して接続。
煙突も家の中央にあるので、繋がっている空間を暖める事ができます。
炉台に鋼板のプレートを使用する事で段差を作らずに
部屋の行き来もしやすくなっています。
断熱煙突、リアヒートシールドを使用することで
ストーブの後ろには炉壁を作らずに設置も可能に。

薪ストーブの設置の際には、炉台は必ず必要ですが
炉壁に関しては条件を満たせば必要ありません。

ホワイト・・魅力的ですね

札幌市:W様邸

ヨツール社:305LL[ホワイトエナメル]

外見も個性的ですが...ホワイト...が好みです、との事で
受注発注のモデルなので3ケ月以上お待ちいただきました。
いずれにしても早めの計画がお勧めですね。

ストーブスペースも大理石で仕上げられ、
スッキリと収まっています。

煙突は、一部シングル煙突で立ち上げ
壁貫通手前からは断熱煙突を使用しています。

コストも抑えて

札幌市:R様邸

ヨツール社:F100ECO[ブラック]

煙突は壁抜きで、壁貫通部分から外は断熱二重煙突。
室内はシングル煙突を使用しています。

コンパクトなモデルを希望されるお客様も多いです。
小さいけれど目いっぱい大きく設計されたドアには
炎をたっぷり楽しめるガラスがはめられています。

炉台も大きめに作られているので、
灰の処理なども安心してできます。

同じストーブでも、
選ばれる炉壁によってイメージは違ってきます。

素材もいろいろ選ぶことができますので、
お気に入りの物を見つけられると良いですね。

ストーブの入れ替え

札幌市:Z社屋様

ヨツール社:F500ECO SE[ブラックペイント]

以前の取り付けいただいたのは、スチールのモデル。
温度管理も無しで、ただ焚くだけのモデルでした。
焼き切れてしまったとの事で、入れ替えを検討。
やはり、ほっと一息つける空間には
薪ストーブを設置されたいとのこと。

今回は鋳物のタイプを検討。
炉内の広さ、扱い易さ。
会社などでは薪を足す作業も担当が決まってはいないので
操作の簡単な方が安心と言うことでヨツールのモデルを。
当初F400でとの事でしたがF500の変更。

今回は、煙突の穴を広げエルボを使って
以前設置してあった場所に無事取付完了。

ケトルも載せられるので、
ランチタイムはコーヒー片手にくつろぎのひと時を
お過ごしいただているのでしょうか。

大きなガラスドアですね

札幌市:Y様邸

ヨツール社:F305LL[ブラック]

いかにも薪ストーブというイメージではありません。
すっきりフォルムでクラシックラインとモダンラインの
中間に位置するモデルです。
どちらかと言えばモダンライン寄りでしょうか。

今回は屋根抜きで2階に設置です。
ストーブスペースを広めにとり煙突は、口元から断熱二重煙突。
エルボを使用して壁側に寄せています。

家のまわりにある木を伐採し玉切りにされた木も積まれ、
薪作りに励まれていました。
倒した木の有効活用ですね。

新居での火入れ。
薪ストーブの柔らかな優しい暖かさに満足のご様子でした。

薪ストーブ設置できますか

江別市:H様邸

ヨツール社:F500SE[ブルーブラック]

既存宅に設置する場合は、まず、設置できる場所の選定から。

設置場所が決まれば、後は、ストーブスペースをどのようにするかです。
今回は、会社でも使用していますが、自然石をカットした炉台に。

煙突は、口元から断熱煙突を使用し、
離隔確保で炉壁は作らずに設置しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11