北海道札幌の薪ストーブ屋ブログ

薪ストーブクッキング再開!!

2018年、第1回目はパンプキンパイ。
...そういえば...。
いただきものの、カボチャ、買ってあったパイシート。

blog180115_img01.jpg

まぁ、良いかな。大体揃ってる。
材料  カボチャ、パイシート、牛乳、バター、シナモン
砂糖、アプリコットジャム

blog180115_img02.jpg

まず、カボチャの皮をむき、小口にカットしフライパンで蒸し焼きに。
柔らかくなるまでに、ピザシートでパイの下の部分を焼いておいてください。
フォークで穴をあけ、重しをのせて、今回は、オーブンプレートを
敷いてあるデファイアントの灰引き出しの中へ。
柔らかくなったら木べらでつぶし、牛乳、砂糖、シナモン
バターを加え、好みの硬さと甘さに調節。
あとは焼けたパイ生地の中にカボチャのペーストを詰め、パイシートをかぶせ飾りつけをし、
アプリコットジャムを塗り、今度は炉内でじっくりと焼き上げます。
今日は、お昼ぐらいには、ショールームがとっても暖かく薪も少なめだったので
炉内で焼きましたが、灰引き出しでも焼けますよ。
その間お客様がお見えになったりで、途中の写真はありませんが、
焼けました!!ちょっぴりジャムが焦げちゃったかな。

blog180115_img03.jpg

3時くらいからカット、お客様にも試食していただいたりしました。
"こんなのができるんですね!!"
"早くやってみたい!!"

blog180115_img04.jpg

今回も、きれいに皆様のお腹の中へと消えていきました。

薪ストーブクッキングは、オーブンを温める時間もかからず、
トップも使え、炉内も使え、もちろん暖房も。
よく言うのですが、まさしく、ながら料理なんです。
薪ストーブを焚きながら、暖房をとりながら、他の仕事もしながら、
それでおいしくできちゃう。
お菓子はちょっと手間がかかりますけど。
でも、添加物なし、安心して食べられますよね。


坂下

ショップアドバイザー

坂下

ショップアドバイザーが薪ストーブ、暖炉、ペチカに関するどんな疑問も解決いたします。

最近の記事
薪ストーブの設置
薪ストーブと煙突 2
薪ストーブと煙突 1