北海道札幌の薪ストーブ屋ブログ

2019.03.20その他

薪ストーブと芸術作品?

そろそろオフシーズンになっている方もいます。
手元に薪があるとやめられないのが薪ストーブ。
メイン暖房のスイッチを切り、必要な時だけ薪ストーブに手を伸ばす。
薪ストーブのぬくもりはとてもやさしく、快適。
厳寒期はもとより、春先や秋口など季節の変わり目はより重宝します。
ショールームは、薪ストーブがメイン暖房なのでまだまだ火を入れます。

20190319_113332.jpg

昨日は、木を倒しに行ったスタッフのブーツが薪ストーブの前に置かれ
ていました。
ニューヨークのグッケンハイム美術館を訪れた際には、
ショールームの日常で目にするような作品が多く展示されていましたね。

芸術として展示されているのでしょうが。

20190319_113351.jpg

当社の作品に、フレンチ座りのあとむも参加。

"薪ストーブとブーツと犬"

芸術参加作品完成です。

20190320_100831_001.jpg

今日、またお土産に頂いた鹿の骨と格闘。
毎日、薪ストーブの前には"あとむ"がいます。

これからも薪ストーブの前には、あとむ参加の作品が作られていきます。


坂下

ショップアドバイザー

坂下

ショップアドバイザーが薪ストーブ、暖炉、ペチカに関するどんな疑問も解決いたします。

最近の記事
ピザ窯
薪ストーブあれこれ
薪ストーブと芸術作品?